小学校コース

コース説明

小学生は柔軟思考が最も高い年代です。小学校内容に限らず出来る分野についてはとことん中学レベルの先取り学習を行います。当然全ての教科の教科について言えることですが、基礎固めにより理解を定着することが最も大事です。学習の習慣づけ、対話型で双方のコミュニケーションを図りながら積極性を引き出します。自立して考える力を養う機会も与え、自らが考えることの大切さも同時に学びます。文章の読解力、記述力、表現力、算数においてはドリル演習において基本的な計算力を強化、中学英語にスムーズに移行できるような授業をしています。 

小学生だからこそノート作成が大事!

中学生高校生でさえノートまとめが苦手という生徒は意外と多いのが現状。授業でもノート指導を積極的に行っている学校もありますが、ノートまとめ=単なる板書ではありません。(黒板・ホワイトボードに書いてある文字・数字・記号。絵柄など一言一句丁寧に書き写すこと) 書く事に夢中になり理解が伴っていないケースが非常に多く見受けられます。余白もなくびっしりノートに書き詰めたり、罫線から大きくはみ出したりする事もあります。特に小学生などの低学年にはノートのまとめかたをしっかりと身につけさせることから始めます。

  • 文と文との間にはきちんと1行分のスペースをあけて書く(行間をあける)。
  • 罫線に沿ってきちんとはみ出さないように書く。
  • 重要な事は大きな字で書く。式やまとめ部分等
  • 大事なポイントは色使いをする。(ただし、過度にカラフルにするのは逆効果)
  • 教科ごとのキャンバスノート、又はルーズリーフに分け教科ごとに分類する。
  • 記入したページに日付・曜日・使用プリントや教科書のページを記入する。
  • 余白は多く取り、後から記入できるスペースを残しとく習慣をつける。

上記の内容は全ての教科について当てはまることです。慣れるまで何度も丁寧に繰り返しをします。

算数 使用教材:のびのびじゃんぷ

5回連続で同一内容の問題を出題するサイクル学習システムを採用。類題が継続して出題されることにより、理解したことを確実に定着させます。無学年方式で小学校の予習範囲も無理なく進めるので、自然に学年をこえた先取りの内容に入っていくことができます。予習型・復習型のどちらの学習にも対応いたします。

 

 

 

テキストの最後で進級テストを行い、合格した生徒には認定証をお渡ししております。

かけ算/わり算/小数/分数/図形(平面・立体)
がい数/わり算/小数/分数/整数の四則計算/四角形/面積

面積・体積/小数の四則計算/倍数と約数/異分母分数の加減/割合

分数の四則計算/文字と式/比/速さ/比例と反比例/場合の数

 

特に小学算数で最も難しいといわれている「割合」「速さ」については徹底した授業を行います。中学数学に移行する上でも特に大切であり、学年をまたいだ知識を要求されます。算数嫌い、将来的な数学嫌いにならないように根本理解をします。

国語 使用教材:あい・キャン

無学年進級教材を使用し生徒に学習レベルに合った級からスタートします。自宅においても復習から予習までしっかりと学習可能です。

毎回の学習は、漢字、文法、読解とバランス良く盛り込まれており総合力を向上することが出来ます。
テキストの最後で進級テストを行い、合格した生徒には終了証をお渡ししております。

●準備級1~2(幼児相当)ことばのおけいこ
絵をみて言葉を読む練習、直線、曲線をひく練習
絵に合った文字を線で結ぶ練習、複雑な線をひく練習
●1級~8級(小1相当)
ひらがな、カタカナの学習〈1~3級〉
配当漢字(80字)
基本文型(二文節文)
150字~350字程度の文章理解・部分要約
●9級~16級(小2相当)
配当漢字の学習(160字)
主語・述語(三文節文)、指示語、5W1H、助詞
否定、意志などの表現、時制の理解
150字~400字程度の文章理解
●17級~24級(小3相当)
配当漢字の学習(200字)
連体・連用修飾語(三文節以上の文)、変形文〈23級~〉
可能・断定などの表現、状態の副詞、助詞
200字~500字程度の文章理解、部分要約
●25級~30級(小4相当)
配当漢字の学習(200字)、漢字の音訓
主部・述部(単文・複文・重文)〈25~27級〉、接続詞の学習〈28~30級〉
仮定・譲歩の表現、敬語の使い方
200字~600字程度の文章理解、部分要約
●31級~36級(小5相当)
配当漢字の学習(185字)、推量・伝聞・禁止・経験・受け身・使役などの表現
300字~800字程度の文章理解、部分要約
●37級~42級(小6相当)
配当漢字の学習(181字)、漢字の音訓
文の書き換え
読解の技術
300字~1000字程度の文章読解、部分要約
●進学級(中1相当)
常用漢字の学習(小学配当漢字を除く)
二文を一文に書き換えるなど

 

 英語 (指導内容)

現在5,6年生が週1回外国語活動として、英語に慣れ親しむ授業が行われています。将来的には英語も小学5,6年生で英語も正式教科となり授業時間も現在の2倍のコマになる方向で文科省は動いています。ライズアカデミーでは小学から英検5級・4級に挑戦し更に一歩進んだ授業を行っています。

「読む reading」・「聞く listening」・「書く writing」・「話す speaking」の4技能の総合的な育成を目指します。 オンライン上でネイティブ英会話講師とのマンツーマンの英会話の授業をしています。学習した英文を会話の中で積極的に使い文法との連動も持たせています。簡単なフレーズで自己紹介文を書いてみる。例文から派生し色々な文書を書いたりと英検対策にも対応。中学1年の1・2学期を先取りして学ぶことで、中学授業にスムーズに接続できるようにしていきます。 

 

基礎単語(中1レベルまでは習得)/基本フレーズ/会話文/be動詞/一般動詞

/肯定・否定・疑問文/what,when,who,which,how,等を使った簡単な疑問文

特別英語コース 英語で算数

 英語で算数を学ぶ新コース いわき市初

オプション講座

「計算マスターへの道」

旺文社の学習書『計算問題の正しい解き方ドリル』をデジタル化した

教材 (対象 小学4年~6年生)

少数、分数を正確にかつ素早く解く練習を行います。

レクチャーパートとドリルパートの2部構成。中学・高校生でも計算ミスをしてしまいます。幼少の早い時期に計算ミスを防ぐ訓練を行います。       

無料体験ページ

計算マスターへの道
計算マスターへの道

「速さはかせ」「割合はかせ」

中学校においても必須となる、小学校の学習範囲である「速さ」・「割合」の問題の解き方を、無理なく身につけることに特化した学習が可能です。小学5年生から開始するのが最適です。小学算数で最もハードルが高い単元と言われここでのつまずきは中学数学が嫌いになる要因です。 場合によっては小学3年生までに習う「倍」を再度学習し直すなどが必要になります。

    お問い合わせ

住所 いわき市平六町目

   2-10白土ビル

   2F

TEL 0246-38-5241 

  月曜日~金曜日
13:00~21:30

土曜 (要相談)

10:00~18:00

お問合わせはこちらから

   塾生ログイン

    すららについて

    すらら無料体験

 デジタルスタディログイン画面

  福島県受験情報

 

 

定期的にブログ書いてます。

アメブロ 
ライズアカデミーのブログ
QRコードよりHPにアクセス出来ます
QRコードよりHPにアクセス出来ます
ライズアカデミーの口コミ
ライズアカデミーの口コミ